• ホーム
  • 敏感な性器を薬で鈍らせて早漏改善

敏感な性器を薬で鈍らせて早漏改善

薬を飲む男性

早漏にはいくつか原因がありますが、総じて言えるのは亀頭が敏感であることです。
性的刺激を受けることなく、射精してしまう男性はほとんどいないでしょう。
すぐに射精する男性は、亀頭を薬で鈍らせる方法が効果的です。
経口薬よりも塗り薬のほうが即効性が期待できます。
ペニスに塗布することで感度を鈍くして早漏を解消するのです。
この手の薬は総じて高価ですが、確実に効果が得られるのがメリットです。
個人輸入代行サイトを利用すれば、海外製の商品も入手できます。

早漏防止のために塗り薬を使用するときは、感度が高い部分を中心に塗っていきましょう。
液剤が血中に浸透したら、シャワーで洗い流して問題ありません。
薬により相性の善し悪しがあるので、いろいろと試してみることをおすすめします。
効き目が弱いと感じたときは、次回から使用量を増やすといいです。
逆に遅漏になってしまったら、量を減らして様子を見ましょう。

どの程度使用すれば、どの程度ペニスが鈍感になるか確かめるためには、自慰のときに塗ってみるといいです。
自慰ならば自分ひとりで挑戦できるので、納得いくまで何度でも試すことができます。
液剤を付着させたまま性行為を楽しむことも可能ですが、女性が痛みや痺れを感じてしまうケースがあるので落としたほうが無難です。

早漏は心因的な問題から発生することも多いです。
自分で早漏だと感じると、本当に早くなってしまうのです。
女性からペニスが小さいと言われたり、すぐに射精すると言われるだけでペニスが思うように立たなくなることも多いのです。
薬を使用して早漏治療をする場合は、段階的に使用量を減らしていくのが好ましいです。
最終的に薬を使用せずに性行為が行えるようにしましょう。