• ホーム
  • 究極の早漏はコンドーム着用時に射精してしまう

究極の早漏はコンドーム着用時に射精してしまう

けんかしている夫婦

究極の早漏はコンドーム着用のときに射精することでしょう。
性行為前に射精するので、女性としてはしらけてしまうものです。
男性の面目も丸つぶれであり、パートナーと顔を合わせられないことでしょう。

このような究極の早漏を解消するには、マスターベーションをして備えるのが一番です。
どんなにすぐ射精する男性でも、射精直後に立て続けに射精するのは困難でしょう。
性行為の予定時間の5時間前にマスターベーションをしておくなどの対策が必要です。
5時間前に射精してもダメな場合は、3時間前にマスターベーションをするなど工夫することが大切です。

すぐに射精する原因として、興奮が強すぎるケースがあります。
女性慣れしていない男性だと、女性の裸を見るだけで射精することもあるのです。
こうした症状を改善するには、場数を踏んで興奮に慣れていくしかありません。
いずれ興奮に慣れていくので、それまではマスターベーションをして早漏を解消していきましょう。

早漏の定義はパートナーとの相性によって変わってきます。
3分以内に射精すれば早いと考えるのが普通ですが、パートナーが満足すれば問題ないのです。
性行為は相手あって始めて行えるものであり、独りよがりの考えではうまくいきません。
パートナーの反応も見ながら、どの程度の持続時間があれば満足させられるのか考えていく必要があります。

射精をした直後は興奮が急激に冷めていくものです。
どんな早漏の男性も、性行為の1時間前に射精しておけば挿入前に射精することはまずないでしょう。
それでも射精してしまう場合は、医師の診断を受けてみるのがよいです。
EDや包茎など、自分では予測もしていない症状が早漏を招いているケースもあるのです。